‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

チャートの読み取り方

2014/07/27

海07株式投資を行うにあたって、いろいろな情報を収集して今後の展開を予測することがとても重要です。取引の判断材料として、チェックしておきたいものに、チャートがあります。これは、今まで特定の銘柄がどのように市場で値動きしてきたかを図表で表したものです。
数字で見ただけでは、どのような値動きをしているのかいまいちイメージできない人も多いはずです。しかし図表で示すのでビジュアルで株価の値動きがどのように変わっているのか一目でチェックできます。投資判断をする時に重要な役割を果たしますので見方をしっかりと理解しておくべきです。
初心者が分析をする時に、トレンドに乗ることが基本であることを頭の中に入れて起きてください。細かく見れば激しく値動きしている銘柄でも、一定のスパンで見れば一定の流れがあります。基本的に値上がりの流れになっているのであれば、その銘柄を購入してしばらく待てばさらに値上がりする可能性が高いので利益を上げられる可能性は高いです。
もちろん、ずっとトレンドが一定方向にしか進まないことはありません。いずれトレンドは収まり、場合によっては逆の流れになることもあり得ます。しかしどこでトレンドが変化するのかは微妙なので、初心者はトレンドに乗ることを心がけてください。

証券会社レポート(アナリストレポート)の読み取り方

2014/07/27

証券会社レポートは、各社が顧客向けに株式などの騰落予測分析をおこなっているものです。これを正確に読み取ることができれば、かなり有益な投資をすることが可能になります。
もちろん、この種のレポートが絶対に正確だという保証はありません。しかし、専門家による予測は、一見の価値があります。これらはアナリストがおこなっていることから、アナリストレポートと称されることもあります。
これを読み解くときに大切なのは、そのレポートがマクロ経済について語っているのか、個別の銘柄について語っているのかを見極めることです。まずはマクロ経済についての分析から、社会全般の流れを掴みます。現在の景気の良し悪しやこれからの景気の動向といったことは、株取引の基本中の基本となってきます。海06
それを知った上で、自分の取引に関わる個別銘柄のレポートを見ていきます。これらのレポートはほぼ毎日から、少ない銘柄でも3日に一度くらいの頻度で更新されています。株価は時々刻々と変化していきますから、常に最新の情報を仕入れることが大切です。
どれだけ正確に情報を読み解いても、それが古い情報では意味がありません。正確さと新しさがレポートを読み解くには欠かせない要素となります。

証券会社の読み取り方

2014/07/27

株式運用するにあたって、どのような取引をするのか戦略を練るときに多くの情報を得ることが重要です。この時、証券会社の提供する情報をなるべくうまく活用することが大事です。最近の傾向を見てみると、いろいろな情報ツールを使って投資家に的確な情報を与えられるように努めています。
たとえば、企業情報を簡単に検索できるようなツールをつけている会社もあります。数値などを入力すると、自動的に必要な情報をピックアップしてくれます。成長性や割安性、企業の規模、財務健全性、テクニカル分析を自動的に行ってくれるので、投資の初心者によっては大変心強いはずです。
海05ミナーなどを開催している所もあります。初心者から上級者向けまで、レベルに応じてセミナーを開催している所もあります。オンラインセミナーなので、自宅などに居ながらにして気軽に参加でき、株式運用の方法をプロからアドバイスを受けられます。
このようにいろいろなサービスを提供して、株価情報の見方を養えるようにサポートしている企業が多いです。口座開設するときには、手数料などを比較するのも大事ですが、このような充実した情報ツールを持っているかどうかも比較して開設する対象を見つけていくこともポイントです。

株式市場の情報の得方

2014/07/27

海03株の銘柄を選んだり、売り買いをするためには日々の情報収集が欠かせません。しかしどのように収集したらよいのかわからないという初心者の方は非常に多いのです。今回は、株式市場に関することはどのようにゲットしたらよいのかまとめてみました。
まず第一に、最も気軽にできる方法というのがインターネットです。インターネット上の証券会社や証券取引所などのサイトを訪れてみると、実に多くのお役立ち内容が掲載されています。また、株式投資のためのさまざまなサポートサービスを行っているサイトもありますので、これらを活用しない手はないと言えます。
また、インターネットでは常に新しい情報を手に入れることができるということも大きな魅力です。各企業のサイトにも株式に関する内容が記載されていますので、定期的にチェックすると大変役立ちます。ただしインターネット上には悪質なものも紛れ込んでいることがあるため、使い方を間違えると大変危険であることを肝に銘じておく必要があります。
さらに新聞に掲載されている株式に関する項目も定期的に確認してみてください。個別の銘柄の動きを見るだけではなく、株式全体の動きを把握することができるからです。株価欄と指標欄の両方をチェックしながら読み進めることで、それぞれの銘柄の特徴を掴むことができます。

株式市場全体を動かす経済

2014/07/27

株式市場は、経済的な要因に大きく左右されます。
景気が低迷している時は、リスクの高い株式から安全性の高い債券にマネーが逃避しますので、株価が低迷します。そこで、政府は景気を刺激するために、政策金利を引き下げたり、中央銀行が国債を買い取ってマネーを供給するなどの金融緩和を実施します。
金融緩和が行われると、株式が盛んに買われるようになりますので、市場は活性化し、株価は上昇します。これを不景気の株高といいます。やがて、景気が上向きになると、さらに株価が上昇します。
しかし、この状態が続けばバブルに発展してしまいますので、政府は金融緩和を徐々に縮小し、最終的には撤廃します。それでも市場の過熱が収まらなければ、今度は政策金利を上げるなどの金融引締めを行います。さらに、景気がこの先曲がり角を迎えることが予想されますので、投資家は、リスクの高い株式取引から資金を引き揚げ始めます。そして、好景気にも関わらず株価の上昇はストップし、逆に下落が始まります。
やがて景気上昇もストップして下落に向かい始めると、株価もさらに下落します。下落のスピードは、投資家の恐怖心理が働きますので、上昇している時よりも急になり、暴落もしばしば起こります。
このように、株価は景気や政策によって上昇、下降を繰り返します。海02

景気と株価の関係

2014/07/27

株式市場の基本的な知識として、押さえておきたいポイントがあります。日本や世界の経済の動きが大きく影響しているということです。金融政策などによっ海01て金利が上下した場合も影響を受けやすいという特徴を持っています。
これから株式投資を行いたいという人は、株の値上がり・値下がりには色々なことが関わっていることを知っておくといいです。ただ単に株価が上昇しているからという理由で買ったとしても、いつ下がるか分からないのです。経済や金融の動きを見極めて、先を見据えた上で取引することを心掛けるべきです。
特に景気と株価の関係は深いものと言われています。不況が始まったら金利が引き下げられる傾向があり、上向き始めれば引き上げられるという政策が行われます。この動きが金融業界をはじめとして色々な業界に影響してくるのです。
株の価格は、経済が悪化する前に下がり始めるという統計が出ています。反対に、経済が上向く前に上昇していくという性質があるのです。
経済情勢がどうなるのか、早めに察知することが大切だということです。株式市場の動きに乗り遅れてしまえば、利益が少なくなってしまいます。不況で金利が引き下げられることで、過剰な流動性が生まれるためにこうした動きが出てくると言われています。

為替と株価との関係

2014/07/27

為替レートというものは毎日ニュースで日経平均とともに伝えられます。この変動は企業の株価にどのようにかかわってくるのでしょうか。円高の場合を例に挙げてみていきます。円高の状態にある場合海外旅行に安い値段で行けたり、輸入製品が安く購入できたりと消費者は円高の恩恵を受けることができます。

 
では企業にとってはどうなのかというと良い影響だけではないのです。日本の企業がアメリカで100万ドルを売り上げた場合、日本円にして計上するとき株価が大きく関係して来るのです。仮に1ドルが100円の場合、売上額は日本円で1億円となります。しかし1ドルが90円の場合売上額は日本円で9,000万円となってしまい、1,000万円も差額が出てしまうのです。輸出を主に扱っている会社では円高は売上が減ってしまうために、不利な状況になってしまうのです。

 
しかし逆を言えば輸入を主に扱っている会社にとって円高は有利な状況であるということです。アメリカで物を購入した場合1ドル100円の時に100万ドルで購入した物は日本円にすると1億円ですが、円高が進み1ドル90円の時に購入すると9,000万円で購入できるのです。1,000万円も安く購入できるということになります。このように二つの関係性は将来を予測するのに重要であると言えます。沖縄02

金利と株価の関係

2014/07/27

金融市場を構成するものに、株式と国債があります。沖縄01
株式は、投資家に盛んに買われて需要が高くなると株価が上がり、逆に需要が低くなると下がります。一方、国債は、需要が高くなると金利が下がり、低くなると上がります。
株式と国債の需要は、理論的には逆相関関係にあります。投資家が市場で運用する資金は、景気によって変動するものの、限りがあります。景気が良くなると、高い利益が得られる株式が買われます。その資金は、国債を売ることによって調達されます。
逆に、景気が悪くなると、株式を保有していると損をしますので、売却する動きが盛んになります。株を売って得た資金は、安全性が高い債券へ振り向けられますので、国債の買い需要が高くなります。
しかし、このような構図にならないこともしばしばです。近年よくあるパターンとして、金融緩和による影響があります。
株式市場が低迷すると、政府は景気を刺激するために金融緩和を実施します。その1つとして、中央銀行が国債の買いオペレーションを実施します。そして、投資家が持っている国債を買い取り、代わりに資金を供給します。投資家は、国債を売って得た資金で株式を購入して利益を狙います。その結果、株式の需要が高くなっても国債の需要は低くなりません。

株式市場の仕組み

2014/06/30

株式会社では、株券を発行して株主を募る事により資金を集めています。これらの株の取引が行われている場所の事を、株式市場と呼びます。
株取引を行う市場として、日本には、東京や大阪などの5箇所の都市に証券取引所が用意されています。その他には主に新興企業を中心として取引が行われているジャスダックもあります。これらの市場が存在する事により、株券の売買がスムーズ且つ安全に行われています。
株式会社は、各証券取引所に上場する事により株券の売買が可能となります。上場には基準があり、その基準によって、一部と二部、或いは一般市場や新興市場に分かれます。海05
株券の販売は、上場している証券取引所でのみ行う事ができます。中でも一部や二部に上場している企業は、ハイレベルな基準をクリアする優良企業が肩を並べていますが、逆に新興市場においては、今後の成長が期待できる有望な企業が多数上場しています。
各証券取引所では毎日非常に多くの株が取引されていますが、取引可能な時間は、午前中が9時から11時、午後は12時半から15時までが取引時間となっています。株価は長期間に渡って比較的安定している企業もあれば、短期間に激しい値動きをする事が珍しくない企業もあります。株価の変動には、社会情勢の影響も少なくありません。