株式市場の仕組み

株式会社では、株券を発行して株主を募る事により資金を集めています。これらの株の取引が行われている場所の事を、株式市場と呼びます。
株取引を行う市場として、日本には、東京や大阪などの5箇所の都市に証券取引所が用意されています。その他には主に新興企業を中心として取引が行われているジャスダックもあります。これらの市場が存在する事により、株券の売買がスムーズ且つ安全に行われています。
株式会社は、各証券取引所に上場する事により株券の売買が可能となります。上場には基準があり、その基準によって、一部と二部、或いは一般市場や新興市場に分かれます。海05
株券の販売は、上場している証券取引所でのみ行う事ができます。中でも一部や二部に上場している企業は、ハイレベルな基準をクリアする優良企業が肩を並べていますが、逆に新興市場においては、今後の成長が期待できる有望な企業が多数上場しています。
各証券取引所では毎日非常に多くの株が取引されていますが、取引可能な時間は、午前中が9時から11時、午後は12時半から15時までが取引時間となっています。株価は長期間に渡って比較的安定している企業もあれば、短期間に激しい値動きをする事が珍しくない企業もあります。株価の変動には、社会情勢の影響も少なくありません。

コメントは受け付けていません。