為替と株価との関係

為替レートというものは毎日ニュースで日経平均とともに伝えられます。この変動は企業の株価にどのようにかかわってくるのでしょうか。円高の場合を例に挙げてみていきます。円高の状態にある場合海外旅行に安い値段で行けたり、輸入製品が安く購入できたりと消費者は円高の恩恵を受けることができます。

 
では企業にとってはどうなのかというと良い影響だけではないのです。日本の企業がアメリカで100万ドルを売り上げた場合、日本円にして計上するとき株価が大きく関係して来るのです。仮に1ドルが100円の場合、売上額は日本円で1億円となります。しかし1ドルが90円の場合売上額は日本円で9,000万円となってしまい、1,000万円も差額が出てしまうのです。輸出を主に扱っている会社では円高は売上が減ってしまうために、不利な状況になってしまうのです。

 
しかし逆を言えば輸入を主に扱っている会社にとって円高は有利な状況であるということです。アメリカで物を購入した場合1ドル100円の時に100万ドルで購入した物は日本円にすると1億円ですが、円高が進み1ドル90円の時に購入すると9,000万円で購入できるのです。1,000万円も安く購入できるということになります。このように二つの関係性は将来を予測するのに重要であると言えます。沖縄02

コメントは受け付けていません。